Want to be forever young? 「永遠の若さ」を手に入れたいですか?海外記事の翻訳として、Inc.からの記事の抜粋になります。50歳でも25歳の脳を手にすることが出来る。若い脳を手に入れることで、「前向きな人生」を生きることが出来るようになるってことでしょうか。体も心も鍛えることが大事ですね。

マサチューセッツ総合病院とハーバード大学医学部に勤務している神経科学者サラ・ラザー氏は、ふとしたことで『瞑想』の研究を始めました。彼女はボストンマラソンで被った怪我の走行障害の治療を継続しており、理学療法士からストレッチをするように言われ、それで、ラザールはヨガを始めたのです。
「ヨガの先生からは様々なことを教えて貰い、ヨガによって思いやりの心と心を開く大切さを学びました。」とラザール氏は語りました。「私はただストレッチをしに来ているだけではなく、自分自身が落ち着いた気持ちになっていることににも気付き始めました。そして、困難な状況に上手く対応出来るようになりました。私はもっと思いやり深く、心を開き、他人の視点から物事を見ることが出来るようになりました。」
最終的には、マインドフルネス瞑想に関する科学文献を調べるようになりました。(ヨガが入るカテゴリー) 

彼女は、『瞑想』によってストレス、抑うつ、不安、痛みと不眠が軽減され、生活の質が向上することを示す証拠が増えていることを発見しました。

Neuroscientist Sara Lazar, of Mass General and Harvard Medical School, started studying meditation by accident. She sustained running injuries training for the Boston Marathon, and her physical therapist told her to stretch. So Lazar took up yoga.
“The yoga teacher made all sorts of claims, that yoga would increase your compassion and open your heart,” said Lazar. “And I’d think, ‘Yeah, yeah, yeah, I’m here to stretch.’ But I started noticing that I was calmer. I was better able to handle more difficult situations. I was more compassionate and open hearted, and able to see things from others’ points of view.”
Eventually, she looked up the scientific literature on mindfulness meditation (a category into which yoga can fall). She found the ever-increasing body of evidence that shows that meditation decreases stress, depression, and anxiety, reduces pain and insomnia, and increases quality of life.

彼女は神経科学の研究を自ら始めることにしました。最初の研究では、長期瞑想者(7~9年の経験がある人)と対照群を比較しました。その結果,強い瞑想背景を持つ人たちは,島皮質と感覚領域だけでなく,聴覚と感覚皮質を含む脳のいくつかの領域で灰白質が増加していていたのです。

マインドフルネス瞑想は、自分の呼吸や周りの音などの身体的な感覚を含む、現在の瞬間をゆっくりと意識させますので、これは理にかなっています。

So she started doing some neuroscience research of her own.
In her first study, she looked at long-term meditators (those with seven to nine years of experience) versus a control group. The results showed that those with a strong meditation background had increased gray matter in several areas of the brain, including the auditory and sensory cortex, as well as insula and sensory regions.This makes sense, since mindfulness meditation has you slow down and become aware of the present moment, including physical sensations such as your breathing and the sounds around you.

しかし、神経科学者たちはまた、『瞑想』をする人は脳の別の領域に灰白質を多く持っていることも発見しました。それは、意思決定と作業記憶に関係していました。前頭皮質部分です。

普通は加齢とともにこの皮質は縮小するが、この研究に参加した50歳の瞑想家は、半分の年齢の人と同じ量の灰白質を保っていたのです。それはすごいですね。


ラザール氏と彼女のチームは、長期瞑想をする人はもともと灰白質が多かったからではないことを確認したかったので、2回目の研究を行いました。その中で、瞑想の経験のない人を8週間のマインドフルネスのプログラムに入れています。

However, the neuroscientists also found that the meditators had more gray matter in another brain region, this time linked to decision-making and working memory: the frontal cortex. In fact, while most people see their cortexes shrink as they age, 50-year-old meditators in the study had the same amount of gray matter as those half their age.That’s remarkable.
Lazar and her team wanted to make sure this wasn’t because the long-term meditators had more gray matter to begin with, so they conducted a second study. In it, they put people with no experience with meditation into an eight-week mindfulness program.

結果はどうだったか?たった8週間の瞑想でも、参加者の脳は良くなりました。左海馬(学習、記憶、感情調節に関与する)を含む脳のいくつかの領域で肥厚がみられました。TPJ (共感と複数の視点を持つ能力に関わる)、脳幹の一部である橋(調節性神経伝達物質が生成される場所)などで変化が見られたのです。


さらに、新しく参加した瞑想者の脳では、恐怖、不安、攻撃性に関連する脳の領域である扁桃体が縮小していました。扁桃体のこの縮小は,参加者のストレスレベルの減少と相関しています。


このような結果を見るためには、どのくらい瞑想しなければならないのか?研究では、参加者は毎日40分間瞑想するように言われてましたが、実際は平均は27分でした。他のいくつかの研究では、

毎日わずか15分から20分でも有意義なプラスの変化が見られることが示唆されています。

The results? Even just eight weeks of meditation changed people’s brains for the better. There was thickening in several regions of the brain, including the left hippocampus (involved in learning, memory, and emotional regulation); the TPJ (involved in empathy and the ability to take multiple perspectives); and a part of the brainstem called the pons (where regulatory neurotransmitters are generated).
Plus, the brains of the new meditators saw shrinkage of the amygdala, a region of the brain associated with fear, anxiety, and aggression. This reduction in size of the amygdala correlated to reduced stress levels in those participants.
How long do you have to meditate to see such results? Well, in the study, participants were told to meditate for 40 minutes a day, but the average ended up being 27 minutes a day. Several other studies suggest that you can see significant positive changes in just 15 to 20 minutes a day.

ラザール自身の瞑想の実践については、「日によって変わります。40分やる日もあれば数日間は5分だけの日もあったり。全くやらない日もあったりします。運動のようなものです。週に3回運動するのはいいですが、毎日少しだけでも続けることが大大事です。」と述べています。


『瞑想』によって25歳の脳ができることが分かりました。
でも残念ながら『瞑想』によって新たな肉体を手に入れることはできないです。

As for Lazar’s own meditation practice, she says it’s “highly variable. Some days 40 minutes. Some days five minutes. Some days, not at all. It’s a lot like exercise. Exercising three times a week is great. But if all you can do is just a little bit every day, that’s a good thing, too.”
Turns out meditating can give you the brain of a 25-year-old. Too bad it can’t also give you the body of one.

By masafumi arai

2020年9月1日開始 英会話学校のマーケティング部で働いています。外国人社員や外国人インストラクターと毎日英語でコミュニケーションしています。英語習得に役に立つ情報を発信していきます。

コメントを残す