「自宅から少なくとも120km離れた場所に定期的に旅行している人は、ほとんど旅行しない人や全く旅行しない人より幸福度が7%高くなっていることがわかりました。
幸福度を左右するのは、仕事・家族・友人関係などが大きな要因ですが、旅行関係の積み重ねも、小さいながら明白な要因となっていました。」(引用:ワシントン州立大学の研究論文)

思わず、頷いてしまいました。

世界はパンデミック真っ最中でいつになったら海外旅行が出来るのか全く先行き不透明ですが、明けないトンネルはないので、気持ちを前向きにして今やれることはやって暮らしていきたいですよね。

今は再度の緊急事態宣言発令中とあり、Go To Travelも止まってしまっており、なかなかお出かけが出来ない状態になっていますが、ちょっとした距離(自宅から120Km程度)を感染対策をしっかり行なった上で小旅行を行うのも、私たちの幸福度に影響を与えているとなれば、息抜きとして春先の計画を立ててみようかなという気持ちになりました。旅行は計画を立てるところが楽しかったりもしますので、日常に旅の計画なども入れると気持ちがポジティブになりませんか?

世界的に見れば、欧米などは状況が非常に悪く、死者も増加している現状ですので、旅行なんて不謹慎なことかもしれません。複雑な気持ちではありますが、日本の状況を見ながら、判断していくことが大事かと思います。

話は少しは変わりますが、100年に1度の今回のパンデミックで、自分自身の健康管理も今後の世界では大きなテーマとビジネスになっていくかと考えています。欧米で死者が多いのは、食生活も関係しており、肥満による基礎疾患を多く抱えた人が、日本より圧倒的に多いことが要因になっているのも報道されていますね。欧米の肉食中心の食生活の見直しが、今後は大きな課題になると私は思っています。油っぽくなく薄味で粗食を心掛けた日本食の再評価が益々高まると思っています。

さて、旅行ですね。海外旅行したいです! パスポートを再発行して、コロナ明けには海外旅行を思う存分楽しみたい。英語を話して、現地の人達と交流し、友達を作りたい。そんなことを夢見ています。

今は、家で英語の勉強を頑張りましょう!

 

 

By masafumi arai

2020年9月1日開始 英会話学校のマーケティング部で働いています。外国人社員や外国人インストラクターと毎日英語でコミュニケーションしています。英語習得に役に立つ情報を発信していきます。

コメントを残す