The Surprising Age When Your Self-Esteem Is Highest

人生の最高潮を感じるのはいったいいつなんだろか。華の20代だろうか。働き盛りの30代、40代だろうか。それとも、少し落ち着いた50代?自分が生きて来た時間に満足を感じて、自尊心が満たされる年代とは?最新の研究記事がReal Simpleという海外記事で紹介されていましたので、翻訳しました。お楽しみください。

最近の研究によると、あなたの自尊心は人生の特定の10年間に頂点に達します。年齢とともに全てが良い方向になっていきます。そこには、あなたの自尊心も含まれます。『Psychological Bulletin』誌に掲載された最近の論文によると、

私たちの自尊心は60歳代に頂点に達しているようなので、人生の最盛期にはまだ多くの期待が見込まれています。

According to a new study, your self-esteem peaks during a particular decade of your life.Everything gets better with age. And that includes your self-esteem.According to a recent paper published in the journal Psychological Bulletin, we still have a lot to look forward to in our golden years because our self-esteem—which the authors define as a person’s subjective evaluation of his or her worth as a person—appears to peak in our 60s.

「多くの成人にとって、中年期は、人間関係や仕事などの領域において、生活環境が非常に安定している時期です。さらに、中年期には、多くの人が自分の社会的役割に多くを投資し、それが自尊心を促進しているかもしれない。」

と、本研究の共著者でスイスのベルン大学の心理学教授であるUlrich OrthはTIME紙に語った。「例えば、職場で管理職に就いたり、配偶者やパートナーと良好な関係を維持したり、子どもらが責任ある自立した大人になるように養育したりします。」

“Midlife is, for many adults, a time of highly stable life circumstances in domains such as relationships and work. Moreover, during middle adulthood, most individuals further invest in the social roles they hold, which might promote their self-esteem,” Ulrich Orth, the study’s co-author and a professor of psychology at the University of Bern in Switzerland, told TIME. “For example, people take on managerial roles at work, maintain a satisfying relationship with their spouse or partner, and help their children to become responsible and independent adults.”

この結論に達するため、研究者らは過去数十年間に発表された自尊心に関する約200件の研究論文を分析しました。これにより、約165,000人の被験者たちの、「私たちの自尊心が時間の経過とともにどのように変化していくかについての心理学的データ」にアクセスできるようになりました。

レビューによると、あなたの自尊心は子どもの頃、4歳から11歳の間に高まり始めます。そこからしばらくは上昇も下降もしません。気まずい年代(思春期とも呼ばれる)でも、自尊心は安定しています。

To come to this conclusion, the researchers analyzed nearly 200 research articles about self-esteem published over the last few decades. This gave them access to psychological data about how our self-esteem evolves over time from almost 165,000 people.According to the review, your self-esteem begins to rise as a child, between the ages of 4 to 11 years old. From there, it doesn’t rise or decline for some time. Even throughout those awkward years (also known as puberty), self-esteem remains steady.

Orthとチームが発見したように、

自尊心は15歳から30歳の間に再び上昇し、60歳から70歳の間にピークに達する前に安定する。

人間の自尊心が低下するように見えるのは70歳頃だけで、その低下は90歳になるとより顕著になる、とOrthは説明しました。

As Orth and the team found, self-esteem then rises again from the ages of 15 to 30 and holds steady before peaking between ages 60 and 70.The only time a human’s self-esteem appears to decline is around age 70. That decline, Orth explained, becomes more pronounced at age 90.

「高齢になると、現役生活から引退することで感じる社会的役割の喪失、抜け殻感、そして恐らくはやもめ暮らしになったり、これらすべてが自尊心を脅かす因子になる。」とOrth氏はタイム誌に記述してます。「加えて,加齢はしばしば社会経済的状態,認知能力および健康のような自尊心以外の他の要因にも負の変化をもたらすことになります。」

しかしだからといって、年を取ることで、自分自身に満足出来なくなるという訳でもありません。前向きな気持ちでいればいいのです。

「多くの人が、高齢になっても比較的高いレベルの自尊心を維持することができる」とOrth氏は語っています。

“Old age frequently involves loss of social roles as a result of retirement, the empty nest, and, possibly, widowhood, all of which are factors that may threaten self-esteem,” Orth noted to TIME. “In addition, aging often leads to negative changes in other possible sources of self-esteem, such as socioeconomic status, cognitive abilities and health.”But, that shouldn’t stop anyone from feeling great about themselves well into their elder years. All you have to do is keep a positive mindset.“Many people,” Orth noted, “are able to maintain a relatively high level of self-esteem even during old age.”

投稿者: masafumi arai

2020年9月1日開始 英会話学校のマーケティング部で働いています。外国人社員や外国人インストラクターと毎日英語でコミュニケーションしています。英語習得に役に立つ情報を発信していきます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。