「一人の時間の過ごし方」って周囲の人たちと、長い目で良好な関係を築いていく上でもとても大事です。

一人になることで、色々と整理が出来て、次に家族や友達に会う時にはその時間がとても貴重で充実したものにすることも出来ると思います。2020年からはパンデミックでより一層、一人の時間と会いたい人との一緒の時間を大切にしていきたいですね。今日は、NYLONという海外記事の内容を翻訳しましたので、お楽しみください。

今日は家にいてNetflixにハマっていたい気分の時に、外に出て社交的になることを強制するのは、良くないですね。

しかし、多くの人達はこの他者と関わらずに引き篭もっていたい気持ちを通すことにプレッシャーを感じてしまいます。

心理学者たちも、たまにはスウェットパンツの魅力に屈し、家に留まり何からも手を引いて自分を閉ざす方が良いということに同意はしているのですが。あなたの周囲の仲間たちは、あなたが内なる社会的抵抗を乗り越えることを期待しているように感じるかもしれませんが、自分の体の本能に逆らっても外出することが、必ずしも集団にとって大きな利益につながるとも限りません。特にあなたが内向的であれば尚更のこと。

Forcing yourself to go out and be social when you really feel like staying home and falling into a Netflix-hole, is not the right thing to do, and yet so many of us feel pressure to reject our hibernating tendencies and interact with the rest of the world. And yet, it turns out that psychologists agree that you’re better off holing-up and closing yourself off from everything once in a while; succumbing to the allure of sweatpants and staying in. While you might feel like your peers are expecting you to push past that inner social resistance, going against your body’s instincts is not always for the greater good of the group—particularly if you’re an introvert.

何年もの間、本当に一人になりたいと思った時は、自分の感情を無視して社交的になるよう自分にプレッシャーをかけ続けてきました。

友達と過ごす時間を優先すべきだと言い聞かせ、一人になる時間を諦めていました。睡眠時間を8時間取ったとして、一日の終わりまでに誰とも会話をしないことは恥ずべきことだと思っていました。体のだるさを感じている時に、皆と交流することでインフルエンザのような疲労感に襲われてしまう自分が恥ずべきことと思ったのです。

For years, I pressured myself to bypass my feelings and be social when I really felt like being solo. I gave up alone time to be with friends because I thought that’s what I was supposed to do. I thought I was supposed to be embarrassed by the fact that if I didn’t get eight hours of sleep, I couldn’t hold a conversation by the end of the day. I thought I was supposed to be embarrassed by the fact that when I was feeling run-down, group interactions brought me to a point of exhaustion that felt like the flu.

友達が私にがっかりしたり、一人でいたがって一緒に遊びたくないように思われたくなかったのです。何よりも 「オタク、引き篭もり」 と呼ばれるのが怖かったのです。

誘ってもいつも来ない人だと皆んなに相手にされなくなるのが怖かったのです。私は友達の生活の中の一緒の写真と思い出の中にいたかったので、私は誘いに乗って無理に外に出ては暗い気持ちになったりしていたのです。部屋の中の負のエネルギーの空気吸い込んで、会話を続ける気力がなかったので、頭の中に引っ込めました。

I didn’t want my friends to be disappointed in me or feel like me not wanting to hang out with them was the same as me needing to be alone. And maybe more than anything, I was scared of being called a homebody. I was scared of becoming someone that people stop inviting out because I never show up. I wanted to stay relevant in my friends’ lives. I wanted to be there for the pictures and the memories and the morning rehashes. And so I’d go out, and I’d be a black cloud. A negative energy in the room. An air suck. I didn’t have the energy to keep up with conversations so I’d withdraw into my head.

私はダンスも出来ずに人と上手く交流することに自信が持てなかったので、いつも後ろの方に座って、携帯電話で遊びながら、私はただそこにいるだけで友達のためになっているだと自分に言い聞かせていました。私の態度はいつも「大丈夫、私はあなたのためになると思って出てきています。」でした。でもなぜ私の友人たちが、私がいることだけで結果的にそんなに歓迎していなかったのか理解できていなかったのです。友人の一人が私を脇に引っ張り出して、

「気分でもないのに無理に起きて外出しても、そんなの誰の為にもなっていないよ。」

と言ってくれてから、私は自分の気分も外に持ち出すよりも、家にいるほうがいいと気づいたのです。

I couldn’t muster the confidence to dance or mingle so I’d always be the one who sat back and played on my phone, convincing myself that I was doing my friends a favor by simply being there. My attitude was always “you’re welcome, I came out for you.” I could never understand why my friends didn’t seem ultimately blessed just to have me in their presence. It wasn’t until one of my friends actually pulled me aside and told me that I’m not doing anyone any favors by dragging myself out of bed, that I realized I would be better off just staying at home rather than bringing my mood with me.

最近まで、私の内向的な性格は、健康的な生活を送るために必要なものだとは理解していませんでした。私はJennifer McCarroll博士に、内向的になることに伴う社会的な意味合いをより深く理解し、どのようにして最高の社交的な自分自身になるかについてアドバイスを求めました。

McCarroll博士は、「内向的な人は外向的な人と違って、一人でいることからエネルギーを得ているので、一人の時間が重要です。」と言いました。

Up until recently, I didn’t understand that my introverted nature came with requirements for how to live my life in a healthy way. I reached out to Dr. Jennifer McCarroll, PhD to better understand the social implications that come with being an introvert and for some advice for how to be my best social self. McCarroll told me, “Introverts, unlike extroverts, get their energy from being alone, so alone time is crucial.”

McCarroll博士によると心理学的には1人になる時間ができた時にはそうした方が良いと言い、しかし、社交的な誘いを断るのはまだ難しい。わがままを言って、自分のために時間を取るのは難しいとしています。どんなに一人の時間が必要だとしていても、私たちは、社会的な、あるいは恋愛関係において、自分がしたいことを優先するのは間違っていると感じたり、罪悪感を感じてしまうのです。

According to McCarroll, psychologically speaking, I’m actually better to be around when I’ve made time to be alone. But it’s still hard to say no to social invitations. It’s hard to be selfish and take time for yourself. No matter how much we need it, we somehow always find a way to make ourselves feel guilty or like it’s wrong to do what we want when it comes to social or romantic engagements.

「内向的/外向的プロフィールは、ほとんどの人が100%内向的または外向的ということではなく、変動するものです。

外向的な人は時々、何かを処理するために一人の時間が出来ると落ち着いた気分になり、そして、

ほとんどの内向的な人は孤独に影響されやすく、一定の満足感と精神の均衡を保つ為には、適切な範囲での社会的なつながりを必要とします。」

とMcCarroll博士は続けました。

McCarroll continued, “The introvert/extrovert profiles are complicated by the fact that most people are not 100 percent introvert or extrovert, they lie somewhere on a spectrum, so at times an extrovert may feel grounded by alone time to process something, and most introverts are susceptible to loneliness and need the right kind of social connection to feel satisfied and balanced.”

これは基本的に、私たちが内向的か外向的かにかかわらず、もし私たちが一人の時間が必要だと感じているなら、私たちは自分の身体に耳を傾け、そうすべきだということを意味します。

This basically means that regardless of whether we identify mainly as an introvert or extrovert, chances are that if we’re feeling like we need alone time, we should listen to our bodies and take it.

あるいはMcCarroll博士が言うように

「孤独になると、自分自身の感覚がずっと良くなります。私たちは、自分自身と同調し、落ち着いた気分になるように一人になることも経験しなければいけない。」

Or, as McCarroll said, “When we’re solitary, we have a much better sense of ourselves. We must schedule solo experiences to stay grounded and in-tune with ourselves.”

だから、次に本当は家に居たい気分なのに、友達のことを思って外出しないいけないと感じた時には、今は休みが必要だと伝えましょう。本当の友達なら、あなたの気持ちを理解し、分かってくれるでしょう。自分自身と触れ合い、自分の気分のバロメーターを意識すればするほど、友達とも上手くやれるでしょう。自分のことを優先しましょう。いつだってまたパーティーの機会はありますよ。自分が最高の自分であれば、機会はいつでもあります。

So next time you feel like you’re doing your friends a favor by going out when you really feel like staying in, tell them you need a night off. Your real friends are going to understand and respect you for taking care of yourself. The more in touch you are with yourself and the more aware you are of your mood barometer, the better you are at being a friend. You do you, first. There’s always going to be another party and another night out. You’re not missing anything when you’re not fully present as your best possible self.

By masafumi arai

2020年9月1日開始 英会話学校のマーケティング部で働いています。外国人社員や外国人インストラクターと毎日英語でコミュニケーションしています。英語習得に役に立つ情報を発信していきます。

コメントを残す