コロナ禍では必須のHands-Free

Japanese Airline Tests Hands-Free Bathroom Doors

Japan’s All Nippon Airlines (ANA) has tested a bathroom door that passengers can open and close without using their hands.

「手を使わずにトイレのドアの開閉が出来るようになる。」

The door was tested in ANA’s lounge at Tokyo’s Haneda Airport between June and August. The door can be opened or closed using only an elbow or forearm. Inside the bathroom, passengers can lock the door by sliding a large button with their elbow.

Also in Haneda Airport, Japan Airlines (JAL) has been testing a new check-in screen that doesn’t need to be touched. Passengers can use it by holding a finger about 3 centimeters above the screen. 

「タッチパネルにも直接指で触ることなく、画面から3センチ離れたところで操作出来るようになる。」

ANAもJALも企業努力していますよね。飛行機の中でダントツで衛生的でない場所は、bathroomsだそうです。その次に、the headrest and seat pocketが続くようです。
狭い空間で不特定多数の人が使うものにはできれば触りたくないですよね。銀行でもコンビニでもタッチスクリーンの利用が多いですが、手垢も付いているし、コロナ禍の今の時代、そしてこれからの新しいスタンダードとしては、改善が求められるのではないでしょうか。

What are your thoughts on ANA’s hands-free bathroom doors?

英語で考えてみてください!

hands-free

投稿者: masafumi arai

2020年9月1日開始 英会話学校のマーケティング部で働いています。外国人社員や外国人インストラクターと毎日英語でコミュニケーションしています。英語習得に役に立つ情報を発信していきます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。