英単語を10.000語覚えても英語が話せない理由

英単語

英会話初心者の方に共通する勘違いとして、「英会話が話せるようになるには英単語を覚えないといけない。」というものがあります。市販の英単語帳を買って、まずは基本の1,500語を覚えようと、英単語のスペルも発音もしっかりと覚えていったつもりでも、いざ、外国人と英会話となると、会話がスラスラできないという悩みを相談されます。

日常会話やビジネス英会話で必要な英単語を覚えていない。

そもそも読解で必要な単語力と、会話で必要な語彙力とは別ものです。

いわゆる英検や、大学入試、TOEICなどの試験対策として英語の長文読解に必要な語彙力は、英文を読む時に必要な英単語として割り切りましょう。皆さんの英語の勉強の目的が試験対策であれば、英語の覚え方自体も全く別な方法で勉強していく必要があります。

さて、今回は皆さんの英語の勉強の目的が、「英会話を流暢に話せるようになりたい。」ということを前提とします。

会話の速い流れの中で、使われる英単語を厳選し、「口から発する英単語」としてアクティブに覚えていきます。

要するに、英文読解用の語彙と、実際に会話で使う語彙を分けてしまいます。

実際に英語を仕事で使ったり、日常会話の英語が流暢な人が必ずしもTOEICや英検などの資格で高いスコアを取っている訳でもありませんよね。

英会話力が高い人は、長文読解で出てくるような難しい単語を覚えたり、知っている訳でもなく、外国人の会話の中で、よく使われている英単語だけを効率良くしっかりと覚えているだけなのです。

さて、それではどうすれば、「口から発する英単語」として会話で実際に使われる英単語を覚えることができるのでしょうか?

それは、実際に外国人が口頭で使っている英単語を覚えることです。

とても簡単な答えですよね。要するに耳から聴いて覚えることです。単語帳などで1ページから順番に暗記する勉強法ではなくて、実際の会話の流れの中で、何度か出てくる英単語を覚えば、それが、「口から発する英単語」すなわち、アクティブ英単語として覚えるべきものなのです。

今の時代は、英単語のスペルはそこまで気にしなくても大丈夫です。何故なら、英語を実際にメールなどで書く際もスペルチェック機能がパソコンなどに付いていますよね。要するに、わざわざ、英単語を紙に何度か書いてスペルを覚える勉強法も不要としています。

それより、大事なのは、スマホとイヤホンくらいでしょうか。

英単語

英会話初心者の方は、まずはこのアクティブ英単語1,500語覚えて貰います。

その覚える英単語と覚え方は、動画/音声で、口と耳を使って覚えるやり方です。

🌟5月生募集中

投稿者: masafumi arai

2020年9月1日開始 英会話学校のマーケティング部で働いています。外国人社員や外国人インストラクターと毎日英語でコミュニケーションしています。英語習得に役に立つ情報を発信していきます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。